印鑑・はんこのいろは

印鑑、印章または、はんこには奥深い歴史があります。
印鑑とはどこが起源でしょうか?
一説によると、古代メソポタミア文明の時、世界で一番初めの印鑑が作られたといわれています。日本に入ってきたのは、0057年に中国から謙譲されたものが日本で一番古いものとされている。いわゆる漢委奴国王から送られたといわれている、金印である。みなさんも、学生時代に習ったことがあるであろう。
それほど、印鑑がもたらした文明は、国の発展に大きなショックを与えたということができないだろうか。
私たちは、普段、何気なく使う印鑑。郵便物を受けるときから、大切な書類を作成するときまで。例えば、市役所に行くというほとんどの場合、印鑑を持って、もしくは捺印された書類を持っていくのではないだろうか。
例えば、これが西欧であると。印鑑は存在しない。それに変わるのは、署名つまりサインである。
ここにも、各文化の違いが象徴されている。漢字を使う国民にとって、大きなつながりがあるといえるのではないか。
日本においては署名と押印を比較した場合、明らかに押印の力が強いと思われる。

はんこキングなら、お気に入りのはんこが必ず見つかります。

●印鑑とは
さらに、いろんな角度から印鑑について考えてみる。普段私たちの生活の中に溶け込む中で、どんな役割を果たしているのだろう。
●印鑑の種類
様々な種類が印鑑にはあるのだけれど。その材質、から、朱肉の関係まで、幅広く、印材や種類についてみてみよう。
●古代と現在の印鑑
現在、印鑑も様々な体をするようになった。シャチハタや、もしくは、名字ではなく、名前を使っても認められるようになってきた。
●はんことは
はんことは。印鑑と違うのか。より、家庭的な感じを受けるはんこ。その言葉に隠された以外な素顔。
●法人物
印鑑やはんこは、個人にとっても大切であるが、法人にとってもかなり大切な要素となる。とくに会社として捺印をするということは、大きな意味をなす。
そんなサイドを見ていく。